カット&眉剃り

毎回 カット+眉カットのお客様です
色々とスタイルを変えてみませんかとご提案して
最近はこのスタイルです
クリッパー、バリカンを入れただけの状態から 余分なコーナーを取った状態

眉毛は下の部分だけをアーチ状に自然な状態で剃ります

カット&カラー

2回目の登場です
息子さんは次の機会に一緒に

眉毛カット(剃り)2

前のお客様とは対照的な眉毛の方です

今回は上側は自然の状態で 下側だけ剃りました




眉毛カット(剃り)1

普段から理容室を利用している方は当たり前のようにしている眉毛剃り

実はこれも理容師しかできない技術なんですね

何故って資格の違いで 

我が理容師はカミソリが使えますが美容師さんはカミソリは使えません

これは法律で定められているのです

医師(メス・針)、鍼灸師(ハリ)、理容師(カミソリ) 

この資格者だけが人に対して刃物を使えると聞いています

眉毛剃りの話に戻ります

当店でのメニューとしての説明を少しだけ

眉毛の形には 黄金比があり 知らないとカッコよく仕上がりません

こちらのお客様は毛量がある方なので

長さを通常より短くカットし全体を剃って整え 

眉尻に少しだけラインを引きました


before and after

カット&パーマ&カラーのお客様です
毛質は直毛・毛量は多い方ですのでパーマは必須です
3週間前にパーマをかけていますので
今回はカットとカラーです

あとはバランス取り


施術 前と後を見ていただきます
スタイルはツーブロックですね


ナイスミドル

ナイスミドル、御年80歳?のお客様です
綺麗に白髪です、元祖フェードカットといえます


続きを読む >>

職人の技

最近思うのが一時期の無造作ヘアーとは正反対のカッチリした

トラディショナルなスタイルを好むお客様が増えたのは

我が店のスタイルと合っており嬉しいです

特にフェードカットスタイルは上手か下手かハッキリとわかるので

中途半端な技術では作れません

フェードとは

理容技術の基本である【ぼかし】という技法ができないと綺麗に仕上がりません

ぼかしとは 

バリカンやカミソリで最小0ミリにした部分から3〜10ミリ位をハサミでつなげていく技術で

色彩表現である濃淡などなども仕上がりに大事な要素です





2019年 1月の定休日

2019年 1月の定休日

元旦〜 4日まで正月休み

7(月) 15(火) 21(月) 28(月)

14(月)成人の日は営業します

こんな理容室です

夫婦2人で丁寧な仕事を心がけています

お客様からのご意見、ご希望をまとめてみました


施術する担当者は変わりますか?指名料は?

【担当者は常に変わりません】【指名料は頂きません】


前回と同じスタイルには出来ますか?

【男性のほとんどのお客様は「いつもと同じに 」とオーダーされますので同じスタイルをお作り致します】

【スタイルを変えたほうが良いと思う場合は、ご相談しながら変えていきます】


疲れてねむい時はそっとしてほしい

【必要以上にはお声がけいたしません】


と、当たり前の事を書いてみました



まだまだ書き足らないことはたくさんありますがこの辺で

12月の定休日

12月の定休日

3(月)10(月)17(月)25(火)

24(月)は営業します

31(月)14:00営業終了